時計は日々の手入れで綺麗にする

ハリーウィンストンのようなジュエリーがついてる時計はもちろん、高級な腕時計は長持ちさせるために手入れが必要です。装飾品の有無やバンドに使われる素材で手入れの方法が違うこともあるので、購入した時計の手入れ方法をきちんと理解しておきましょう。

手入れの方法

腕時計

バンド部分が皮革でできている場合の手入れ

皮革バンドは、直射日光や水、汗に弱く劣化が目に見えてわかるものです。水をかけてしまった場合や汗をかいた場合は、皮革バンドを吸水性のある柔らかくて乾いている布で軽く拭きましょう。強く擦ると傷になることがあるので注意が必要です。通気性のいい場所で保管して劣化を抑えましょう。経年劣化することもあるので、定期的に交換をするという方法もあります。

バンド部分が金属でできている場合の手入れ

ステンレスやチタン、金メッキなどの金属を使ったバンドも汗やホコリで汚れがついてしまいます。その汚れがサビに繋がるので気をつけましょう。濡れたり汗をかいた場合は皮革バンドの手入れと同じで乾いた布で拭きましょう。金属の隙間にたまってしまった汚れは乾いているやわらかめの歯ブラシで取り除きます。水や石鹸水で洗った場合はきちんと乾燥させることが大切です。

スポーツ用でよくあるウレタンバンドの手入れ

高級時計のなかにはフィット感の高いウレタンバンドを使用しているものもあります。このウレタンは、色落ちしやすい衣類やバッグの色がうつってしまうことがあるので気をつけましょう。また、長時間強い光のもとに置いておくと劣化が進んで弾力性が落ちてしまうこともあるでしょう。布で拭いて汚れを落とし、弾力が弱くなったら定期的にバンド部分を取り替えましょう。

拭くために使うのは柔らかい素材の布が最適です

高級時計を手入れするときには、使用する布にも気をつけた方がいいでしょう。ティッシュペーパーやキッチンタオルのような素材のもので拭いてしまうと、繊維で細かいキズを付けてしまう可能性があります。メガネ拭きと同じようなセーム革やマイクロファイバーなら柔らかくて傷もつきにくいでしょう。

広告募集中